MENU

君色ノート 「歌詞」 - Novelbright

閉ざされた心の扉を開くと
瞬きもできないほど煌めく世界がそこにはあるんだよ

何気ない日々に突然臆病が



TOP 1 日本


君色ノート 「歌詞」 - Novelbright

閉ざされた心の扉を開くと
瞬きもできないほど煌めく世界がそこにはあるんだよ

何気ない日々に突然臆病が
土足で上がり込んで この胸を蝕んでいく

足取りが酷く重い弱気な僕を
躊躇なく蹴飛ばして 踏み出せと先へと進み

気がつけば君の奏でる音鳴り響き
知らぬ間に走ってたメロディの鳴る方へ

裸足のままで飛び出した



連れ去りたいな何処までも
五線譜をふたりでなぞり響かせたいから
いつの季節も思い出すよ
僕を描いた君の色 Ah…
記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むから

意地っ張りで強がりな君はいつも
辛く泣きたい時も わざとらしく笑って見せた

時間を忘れて無我夢中にはしゃいだ日々
24色のパレットみたくカラフルな思い出

交わした誓いを握りしめ
迷いも捨てて飛び込んだ



踏み出す一歩くれた君忘れはしないから
乾いた世界を抜け出して
共に向かった夢の場所 Ah...
瞳を閉じてもまだ君の残像がこの目に残るよ

出逢って生まれ変われた
二度と色褪せない
何度だって思い通り君色を描くよ

裸足のままで飛び出した
連れ去りたいな何処までも
五線譜をふたりでなぞり響かせたいから
いつの季節も思い出すよ
僕を描いた君の色 Ah…



記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むから